株式投資を理解するため読んだ本

そもそも、なぜ株式投資を?

ITエンジニアとして働いていると年俸契約が多いのかなぁと。(Web系は。SIerは知らん)
会社ではもらえるお金が限られているが(残業代などない)、エンジニアは副業がしやすい職業でもある。

で、副業も数ヶ月してみたが、時間単価があまりよくなかった。休日も削られて、勉強とか自由に時間が使えなくなるデメリットがある。

で、ゲーム系やITの株は景気が良い?し、業界の情報もわかるのでそっちの方が効率が良く稼げるのでは?と考え始めることにした。

お金を増やしたい理由としてはお金があるとより豊かな生活ができるのもそうだけど、 「お金は多くあるとより多くの経験が積め、人生を豊かにする」と考えているからである。

高価なサービスを体験するであるとか、本を今よりたくさん購入する、いいマンションに住む、食事、洋服、車、旅行、スポーツ、教育など、経験や体験をすることに様々な選択肢が生まれる。 人脈もかな?

まっ、そんな感じで資産を増やしたいと考えた次第である。

今まで読んだ本

  • なぜ決算書が読めるヤツは出世するのか
  • 知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生
  • マンガでわかる最強の株入門
  • マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾
  • 仕手株でしっかり儲ける投資術
  • 株式市場「強者」の論理 (読書中)

このあたりを読んだ。 ある程度読み終わったら、まずは経験を積むためIPO株を申し込んだり、gumiを買ったり、enishを買ったり、アエリアを買ったりして、 現在20万くらい含み損してるw。まだ現物を所持してるけど。

アエリア株は単体で10万くらい損してるけど、これのおかげでもっと本を読もうと思った。
アエリア株は材料なしに謎の出来高アップとIRが夕方に出たので、その夜PTSで早速購入したら翌日は超絶売りの流れに。 前日の出来高がおかしいのでインサイダーだろ!と某掲示板では騒がれてたけど、こういうことは普通にあるのね。まんまとハマった。

タダでは転ばないといういことで、なぜ自分はアエリア株で失敗したのか?を学ぶため、中原圭介の本を3冊ほど購入。
僕はこの人はよく知りませんw
amazonの評価をみて購入しました。まぁ素人でも読んで面白くなかったら時間の無駄なので読まないけど、説得力のある内容なので、
初心者でかつ、上昇トレンド株を高値で買って損した人は読んでみると勉強になると思います。

本から得るのは知識もそうだけど、経験値をもらう。ということも重要である。

株式は心理的な要素がかなり強いのと、勝つ奴がいると同時に負ける奴がいるんだと再認識できた。